各教科の取り組み、シラバス

各教科の取り組みをご紹介します。
教科の画像をクリックすることで、詳細をご覧いただけます。

宗教

週1時間の『宗教』の授業は、聖書とイエスの生き方や教えを通して、キリスト教的価値観を学びます。先生からの問いかけだけではなく、友人との話し合いや、様々な思考・発表を繰り返しながら、「人間が生きていくことの大切さ」「他者と理解し合うことの喜び」を学びます。そして何よりも神様からいただいた賜物をしっかりと受け止め、隣人を大切にしながら世界につながっていく神の愛を学んでいきます。

学びのねらい

私たちの世界には、多くの宗教があります。国や民族の違い、それぞれの歴史や文化を通して創りあげられてきた多様な価値観を客観的に学びながら、学園の基本となるキリスト教の教えを学びます。グローバルな世界の中にあって、お互いの存在を大切にしながら理解し合い、助け合っていくアトンメントの精神を学び、豊かな心を育みます。

特色・授業の進め方

全ての学年で、週1時間の授業があります。まず、授業の前提として、キリスト教以外の宗教にも尊敬と理解の姿勢を持つことがあげられます。他者を受け入れることは、自らの心を見つめる基本となるからです。中学1年生では、キリスト教の基本知識を学び、学園の建学の精神や歴史を学んだ後、旧約聖書を学びます。キリスト教のルーツを知ることによって、中学2年生で学ぶ新約聖書の理解につながるからです。中学3年生では、キリストの教えを受け入れ、世界の人々の幸せのために生きた歴史上の人物を学びます。世界の人々から愛される聖フランシスコ、インドの聖者マザーテレサ、そして第2次世界大戦時にアウシュビッツで身代わりとして亡くなった聖コルベについて学びます。高校1年生では、イスラームやユダヤ教、日本古来の神道や仏教について学びます。高校2年生では、修学旅行で訪れる長崎での平和学習や、遠藤周作などのキリスト教文学について学びます。最高学年の高校3年生では、生と死について様々な角度から学びます。このような6年間の授業を通して、生徒一人ひとりがかけがえのない大切な存在であり、他者と共に幸せな人生をおくることの意義を学びます。また、その思いを大切にしながら、人との関わり方を深め、愛と正義にかなった社会の実現に向けて行動する力を養います。

各教科の取り組み一覧へ

英語

学びのねらい

英語科では「自分の意見を持ち、それを表現する力」を身につけることに重点を置いており、そのためには3つの要素が必要だと考えています。
第一に、表現するべき「自分の意見を持つ」ことです。単元の導入時には、扱う題材(例えば環境問題)に対する生徒の興味関心が高まるよう導入し、自分の意見を持つことにつなげていきます。
次に、「自分の意見を表現するためのツール」を身につける必要があります。ツールとは語彙や文法の知識に加え「英語の論理展開」についての知識を指し、自分の意見をわかりやすく伝えるためにこれらの知識を活用します。
最後に、「自分の意見を表現する経験」を多く積むことが重要です。語彙や文法の知識を身につけても、それらを使う経験が乏しいと自信を持って表現することができません。授業内外でこの「経験」を積む機会を数多く設定し、自信を持って自分の意見を表現する生徒を育てたいと考えています。

特色・授業の進め方

中学では、日本人教員担当の英語もネイティブ教員担当の英会話も20名以下の少人数で授業を行っています。少人数で授業を行うことにより、自分の考えを表現する機会が格段に増えます。多読用の英語絵本や物語本を多く揃え、1年生では後期から週1時間の多読に挑戦しています。2年生からは毎時間数分間の多読を行い、物語を楽しみながら読む力をつけ、高校で行う速読につなげていきます。

授業では、デジタルテキストを大型モニターに映し、新出語彙の発音と意味、本文の聞き取りや音読を行います。ワークシートで学習事項をまとめ、ペアワークや自己表現を通して学習事項の定着を図ります。また、単語テストや小テストが年間30~40回行われ、年度末には校内英単語テスト成績上位者が表彰されます。

高校では、総合進学コースとアドバンスト・イングリッシュコースに分かれて学習します。総合進学コースでは週6~7時間、アドバンスト・イングリッシュコースでは週10~11時間の英語科目を履修します。どちらのコースでも語彙力を強化するための単語テストや、短時間で文章の要旨を捉らえる速読を行います。「英語会話」はネイティブ教員が担当し、エッセイライティングなど身につけた英語を使って自分の考えを表現する活動に取り組みます。アドバンスト・イングリッシュコースには「Advanced English」という科目があり、プロジェクト型の学習を通してスピーチやプレゼンテーションなど英語を使った発信の技能を高めます。

ネイティブ教員と昼食をとりながら自由に会話をするEnglish Lunch、進行をすべて英語で行う英語朝礼、暗唱やスピーチを競う校内英語弁論大会など授業以外にも英語を学ぶ機会が多くあります。また、校外のコンテストへの参加も奨励しています。

2016年度校外コンテスト受賞歴と英検の結果

田崎清忠杯第16回私立中学校英語レシテーション大会
中学1年の部第1位
中学2年の部第2位
団体の部第2位

第14回かながわ・小中学生英語スピーチコンテスト 中学生の部第3位
第6回上智大学全国高校生英語弁論大会「ジョン・ニッセル杯」 本選出場
第53回全神奈川高等学校英語弁論大会 本選出場
第61回神奈川県下高校生英語弁論大会 本選出場
第55回全国高等学校生徒英作文コンテスト 入選
東洋英和女学院大学レシテーションコンテスト2016 銅賞

英検準1級・2級・準2級の合格者は、中学2・3年生で全体の約4割、高校2・3年生で約7割です。準1級合格者は、高校生147名中8名でした。

各教科の取り組み一覧へ

国語

学びのねらい

国語の授業はすべての学習の根幹となる理解力・思考力・表現力を養うことをねらいとしています。

わたしたちは皆言葉を使って生きています。そういう意味で国語は「人間としての生き方」を考える教科と言えます。中学生・高校生ならではの感性と想像力をのびのびと発揮し、自らの考えや思いを表現する喜びを知ることは生徒個々の潜在能力の発見をうながします。また、豊富な言語知識と柔軟で論理的な思考力を持つことは心の世界を豊かにし、未来の可能性を広げることにつながります。

今年度から、新たな取り組みとして「言語技術」を導入しています。言語技術とは、世界の多くの国で実施されている母国語の教育方法で、思考と表現の方法をスキルとして指導し、世界基準の言語力を身につけることを目指します。

特色・授業の進め方

中学

中学3年間は基礎力養成期と高校への準備期間と位置づけ、語彙力と論理的思考力の強化に重点を置きます。読めて書けて意味が分からなければその言葉を使うことはできません。言葉は使うことで初めてその人のものになります。「使える言葉」を増やすため、授業の始めの10分間は国語辞典を使い、意味や語源・用例などを調べます。これによって辞典を使うことに慣れ、わからない言葉は自分で調べることが習慣になります。

また、この基礎力養成期では正確に文章を読むための技術を段階的に身に付けます。副教材『論理エンジン』を使用しながら文章を論理的に読むための技術を学び、文章全体の構造を捉える練習を繰り返す中で、ポイントを押さえながら効率的に読解する力をつけます。ここで学んだことをもとに、小論文を書く素地を養います。さらに「言葉を使う体験」として、グループ学習やディスカッションなどのアクティブ・ラーニングの機会を多くもうけ、視野を広げながら自分の考え・意見を形成し、それを筋道立てて説明する練習をします。これらの表現活動を通じて、会話力や芸術的感性などの個性を発揮する場をつくっています。

また、作文を書くときや漢字テストのときには筆記用具として万年筆を使用しています。文字を丁寧に書くことを日常的に意識し、集中力を養います。

古典は百人一首をはじめ多くの作品を扱います。古典に親しむ態度を養うとともに、古典文法の用言や助動詞の一部を学び、高校からの本格的な古典の学習へ発展させます。

書写は、年間10時間程度行っています。また、年一回全校で書き初め大会を行い、伝統文化に触れる機会を設けています。

高校

高校の3年間は、来るべき大学入試に対応できる学力を十分に養うのはもちろんのこと、日本語を母国語とし、また日本文化をルーツとして生きていく国際社会の一員としての礎を完成させる期間とします。

現代文では、論理的に考える力、そして、その論理的思考力を支える語彙力を着実に身に付けます。さらに、それらの力を用いてさまざまな評論や小説を読み解き、その中で、日本や世界における今日的課題を自覚し、時代にとらわれない普遍的な価値観や思想について学びます。このような学びを通して、将来、国内外を問わず社会に出て活躍するために必要な思考力や発想力の土台を築きます。

古典では、さまざまな古典作品を読み、文学史・時代背景なども学びます。そうした学びの中で、日本人が古来、様々な文化を吸収しながら考え感じてきたことに触れ、日本人の感性や思想、あるいは現代に至るまで連綿と続く日本文化の根幹について知ることを目標とします。また、古文単語や古典文法、漢文における漢字の読み・意味、重要句法など、古典作品を読むために必要な基本的な知識を早い段階で一通り学習し、多くの作品を読み込む中で、その知識の徹底的な定着を図ります。また、文系進学希望者は、2年生の古典研究や3年生の古典特講でさらに学習を深め、大学入試に対応する学力の強化をしていきます。

また、3年生の現代文特講・古典特講では分割授業を実施し、国語科教員全員で大学受験のサポートを行います。さらに、学年2クラスという少人数の利点を生かし、作文や小論文は一人ひとりに丁寧な指導を行っています。小論文に関しては、1年生から書き方の指導や添削を繰り返し行い、現代文の授業はもちろん、「総合的な学習の時間」とも連動しながら、「読む→考える→書く」力を段階的に養います。

漢字検定

漢字検定は高校卒業までに2級を取得することを目標に中学1年生から高校2年生までは全員が年1回必ず受検します。

在校生の各種コンクール受賞実績

伊藤園お~いお茶新俳句大賞
■中学生の部 優秀賞 ■佳作特別賞 ■佳作 ※全校で応募しています

第53回中学生作文コンクール 都道府県別賞

朝日新聞社私の折々のことばコンテスト
■佳作 ■学校賞 ※全校で応募しています
第8回文章表現コンクール『青が散る』Award
■作文・エッセイ部門最優秀作品賞 ■作文・エッセイ部門朝日新聞社賞

笛吹市 俳句大会 佳作・入選

第15回聞き書き甲子園 優秀作品賞

第8回明治大学読書感想文コンクール 入選

中学1年生が全員受検する漢字検定試験では例年90%を超える生徒が合格しています。
中学2年生が全員受検する語彙・読解力検定試験では例年70%を超える生徒が合格しています。

各教科の取り組み一覧へ

数学

学びのねらい

数量関係や図形の性質などの学習を通して、物事を論理的に考え表現する力を養うとともに、さまざまな社会現象や自然現象に興味をもち、数学的に解明しようとする姿勢を身につけることを目標としています。ものごとを推し量り、自分の考えをわかりやすく伝えるために、数学的思考が基盤になることを知り、数学の面白さに気づく過程を大切にしています。

特色・授業の進め方

中学1年生から高校1年生で基礎力・応用力を身につけ、高校2年生から進路に合わせて授業を選択します。毎日の勉強の積み重ねを意識し、週に数回の小テストで学習内容の定着を確認しながら授業を進めています。学年での分割授業や習熟度別授業も行い、安定した学力が身につくように指導しています。夏休みには講習や補習を実施し、学習のサポートをします。

中学1・2年生では、算数とは異なる数学の魅力や、問題を解く楽しさを知ることを目標に授業を行っています。学習内容をしっかり理解するために、ノートのとり方や勉強方法などをきめ細かく指導します。

中学3年生・高校1年生では、教科書の問題を解くだけでなく、身の周りに数学の基礎知識を活用できるように工夫しています。例えば中学3年生の標本調査の単元では、本校アトリウムの壁画のタイルを教材に用いて実際のデータを分析することにより、数学と実生活のつながりを実感できます。また、探究学習の一環としてグループごとにテーマ(課題)を決め、自由研究を行います。日常生活で感じた数理的疑問や、数学の定理を発展させた課題について、クラスメイトや教師と一緒に対話を重ねながら学び合います。完成させた研究レポートはコンクールに応募します。

高校2・3年生では、少人数クラスでそれぞれの進路に合わせた授業を展開しています。生徒一人ひとりの希望の進学先につながるように、大学入試問題演習やセンター試験対策を多く取り入れ、受験に対応できる応用力の強化を目指します。
中学1年生から高校3年生まで、希望者は土曜日の数学検定対策講座に参加し、数学検定を校内で受験することもできます。

各教科の取り組み一覧へ

理科

学びのねらい

理科の学習では、自然のしくみや規則性を学びます。理科の基本的な知識・技能が定着するよう授業や観察・実験を進め、身の回りの自然や現象に興味をもち、それを科学的にとらえ理解することができるよう学習を進めます。身の回りの自然や生命現象に意識を向け、「なぜ?」と考える姿勢を育むこと、科学や技術が生活の中でどのように活かされているかに気づく科学的な素養を身につけることをねらいとしています。

また、グループワークやプレゼンテーションの機会を設け、自分の意見をまとめ、それを相手に伝えるための表現力を養うことにも力を入れています。高校2・3年生では、理系進学を希望する生徒それぞれが必要とする分野をより深めて学習していきます。

特色・授業の進め方

中学1年生前期と中学2年生から高校1年生までは、週4時間の授業があります。教員の専門性を活かした指導計画の下、各分野で学ぶ内容の関連性を意識し、デジタル教科書やDVDなどの視聴覚教材を使って分かりやすく授業を進めています。校内には、物理・化学室と生物室の2つの実験室があり、顕微鏡観察など、一人ひとりが取り組む実験・観察を多く取り入れています。

とくに中学での実験では、手順や器具の使い方に慣れ、見通しをもつことによって安全に実験ができるよう指導します。今年度から、高校では化学基礎・地学基礎・物理基礎・生物基礎・科学と人間生活の5科目を開設し、自然科学全般についての興味を広げるとともに、学問の専門的な研究へのつながりを意識した授業を行っています。

理系進学を希望する生徒は、高校2年生で化学研究と物理研究または生物研究を選択し、実験・実習を通して、より深く学びます。高校3年生では、進路や大学受験を念頭に、入試問題演習や探究的な実験なども行います。2年間で最大2科目・15時間の理科の授業を選択することができます。また、夏休みなどの長期休暇には集中補講や長時間の実験を行って、実力を養います。

国公立文系を希望する生徒にセンター試験対策として、理科研究の授業を開講し、生徒の必要や希望に応えて、個別指導も行っています。

外部での主な活動

  • 科学講座の実施(東京大学工学部・東京大学地震研究所・日本大学生物資源科学部獣医学科・麻布大学生命環境科学部・日本科学未来館・サイエンスフェア)
  • 科学の甲子園神奈川県大会 2016年度 実験系実技競技の部 第1位
    http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f421063/
  • 科学の甲子園ジュニア出場
  • 木原記念子ども科学賞出品
  • サイエンスキャッスル参加
  • かながわ国際サイエンスフォーラム参加

各教科の取り組み一覧へ

社会

学びのねらい

社会・地歴公民科では、善き社会人、善き市民の育成をねらいとしています。そのため、教科の学習を通じて、社会的事象を多面的にとらえ、新たな未来を創り出す力を高めていきたいと考えています。自分だけの幸福ではなく、他者を含めた社会の幸福を率先して求める心を育てていきます。過去から現在の基礎的な事象の理解とともに、自らと事象との関連性を常に意識させ、現代から未来の社会に至るまで、自らの学びを全体に生かせるような視点を養います。

特色

日本史、世界史、地理、公民と、それぞれの専門分野を持つ教員が、中学生の基礎学習から高校生の発展、応用学習に至るまで一貫した指導をおこなっています。そのため、単なる暗記学習ではなく、社会的な鋭い問題意識を中学生から持つことができます。高校生の選択授業では、少人数であるため、自らと社会との関わりや未来を深く考えることができ、口頭試問形式の論議を交わすこともできるようになります。また、最上級生では公民分野に力を入れており、一般教養を身につけるとともに社会の一市民としての自覚を育むことができます。

授業の進め方

中学生

中学生は1年生で地理、2年生で歴史、3年生で歴史と公民を学びます。いずれもオリジナル教材で各分野の基礎学力の定着を図ります。具体的には、教材プリントで授業全体の情報をとらえ、それを用いたまとめ学習をおこないます。情報を整理し自分の言葉で表現する中で、疑問に気づき、調べながら理解を深めていきます。特に3年生では、歴史・公民のつながりを深め、民主主義や平和について考察を深めます。また、新聞を利用し、1年生で「新聞を使った国調べ」、2年生で「歴史新聞」、3年生で「新聞切り抜き作品」を作成します。3年生で取り組む「税の作文」は、コンクールで毎年高い評価を頂いています。

高校生

1年生必修の世界史Aでは、調べ学習やその他の活動を通じて、今日の人類が直面する課題を歴史的観点から考察し、さらに21世紀の世界について展望していきます。新聞などを通して、世界情勢に関心を持つことが重要です。
2年生では地理A・日本史Aと日本史Bの選択必修となります。世界史Bは理系科目との選択必修です。いずれも大学受験を意識しながら基本的事項の確認、及び発展学習が中心となります。3年生必修の現代社会は倫理的分野と経済的分野を学びます。選択科目の地歴研究はセンター試験対策、日本史特講・世界史特講は国公立二次私大向けに2年生で選択した日本史か世界史を継続して学習します。なお、地理特講は自由選択科目としており、難関大学の地歴公民2科目受験にも対応しています。

活動

  • 横浜地方裁判所において裁判傍聴と事前学習会(高校政治・経済選択者)
  • 東海大学との高大連携学習会(高校地理選択者)
  • 江戸東京博物館見学(高校日本史選択者)
  • 鎌倉円覚寺坐禅体験(中学2年生)

表彰

◎税に関する高校生の作文
  • 鶴見税務署 署長賞
◎中学生の「税についての作文」
  • 鶴見区長賞
  • 税理士会支部長賞
  • 優法会会長賞
  • 鶴見青色申告会賞
  • 鶴見区納税貯蓄組合連合会 会長賞
  • 神奈川県納税貯蓄組合連合会 会長賞
  • 東京国税局管内納税貯蓄組合連合会 優秀賞

各教科の取り組み一覧へ

芸術

学びのねらい

芸術科では、芸術のよさや美しさ・楽しさを感じるとともに、思いや意図をもって表現したり味わったりする力を育成することをねらいとしています。豊かな感性を喜び、生涯にわたって自らの創造や表現を楽しみ、芸術作品等の鑑賞に親しむ素地を育てていくことにも力を入れて指導します。

授業の進め方

中学では、創造することの楽しさの中で、基礎的な技術の習得、粘り強く学習に取り組む姿勢、想像力を働かせながら表現する力、よく考え判断し行動する力を、実技を通して育むことに力を置いています。必要に応じてTT(ティーム・ティーチング)での指導も取り入れて授業を行います。

高校では、芸術科科目である音楽・美術・書道は選択制で、1年生では全員がいずれかを選択します。2・3年生でも継続して選択すると、幅広く奥深い学習が可能です。芸術系大学の進学希望者は、理論を着実に学び、個々の必要を見極めた実技指導を受けています。

各教科の取り組み一覧へ

保健体育

学びのねらい

保健の授業では、健康の保持、増進に繋がる知識や技能を幅広く学び、身につけた知識を生活で生かそうとする姿勢を養います。保健の授業の内容には大きく社会問題にもなっている事柄も多く、他人事ではなく自らの問題として受け留め、考え、意見を持つよう働きかけています。

体育の授業では、中学で球技、器械運動、陸上運動、ダンス、武道など各領域の種目を一通り経験し、運動の基礎的な技能の習得を図りながら安全に楽しく行うことに重点を置きます。高校生になると、生涯を通じて運動に親しむ姿勢を養うことを目的とし、技術の習得・ルールの理解・安全に行うための用具や場所に配慮するなど主体的に取り組む姿勢に重点を置くようにしています。

聖ヨゼフ学園では、武道の必修化に伴い合気道を取り入れました。技をかける、技を受けるという相互の働きを通して相手を思いやる、礼を尽くすという精神が教育目標と合致していると考えられるからです。

体育を通して、健全な心と忍耐力、協調性を学んでほしいと願っています。

各教科の取り組み一覧へ

家庭

学びのねらい

生活に必要な基礎的な知識と技術の習得を通して、進んで生活を工夫し、創造する能力と実践的な態度を身に付けることをねらいとしています。さらに、身に付けた生活の知識・技術を、家族をはじめ身近な他者を支える力としていかすことができる女性を育むことを目指します。

特色・授業の進め方

中学1年生から高校1年生までの授業では、第一段階として、自分の身の回りを整えるために必要な基礎的な知識と技術を身に付けることを目指します。家庭での調査や実践を課題として設けたり、技術の定着を図るための実技試験も行っています。第二段階として、学びを自身のためだけでなく、家族との生活や他者のためにいかすよう取り組んでいきます。授業は、主に次の観点で講義・実習を展開します。

  • 生活の自立に向けた知識と技術を身に付ける。
  • 生活、家族を取り巻く社会の状況を知る。
  • 日本の生活文化への理解を深める。
  • 技術をいかしたものづくりを楽しむ。
  • 生活をより良くしていくための工夫を考える。
  • 自分自身の成長を振り返り、将来の生活を展望する。

高校3年生の選択科目では、一人ひとりの進路や興味・関心に合わせ、より主体的に学びを深めていきます。

各教科の取り組み一覧へ

情報

学びのねらい

高校2年生の「社会と情報」では、急速に発展する情報化社会に対応できるように、その基礎となる情報技術や、コンピュータ・インターネットの活用方法、情報の収集・整理・発信の方法などを学びます。また、情報化社会は便利な反面、危険な部分も少なくありません。これからの情報化社会をより良く生きていく為に必要な知識や考え方などを学びます。

高校3年生では進路に応じて「情報研究A・B」を選択することができ、学園広報用の動画やホームページの作成などの実践的な課題に取り組みます。また、P検やMOS検定などの資格取得を目標に、問題演習や実習を行います。

コンピューター室には、授業で使用するPCの他に、生徒たちの様々な創作活動を実現するために、動画編集や画像編集などが可能な高機能PCやタブレットなどが整備されています。また、資格検定試験向けの自習用テキストや模擬問題などの用意もあります。

昨年度検定合格実績

ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)
準2級:3名 3級:15名
Microsoft Office Specialist(MOS検定)
Excel2016:1名 PowerPoint2016:1名

55回生の生徒が昨年度の「MOS世界学生大会」のエクセル部門で7位に入賞しました。
http://mos.odyssey-com.co.jp/competition/2016_final.html

各教科の取り組み一覧へ

総合的な学習の時間

学びのねらい

「総合的な学習の時間」では、次のことを重視した活動や学習を行っています。
「カトリックの世界観・人間観の理解」
「主体的に学習に取り組む態度の育成」
「一人ひとりに与えられた能力と価値の発見」
「複雑で正解のない問いに対処する力の養成」
「有意義な人生を送ろうとする姿勢」
これらをふまえて、課題を自ら設定した上で、学習や調査・研究に取り組み、その成果を発信していくこと、具体的な行動につなげていくことを目指しています。

特色・授業の進め方

「総合的な学習の時間」では、調べる・まとめる・発表するなどの探究学習の基本をくり返し行い、確実に身につけていきます。自らの体験を振り返り、教科での学習で身につけた知識を活用することで、課題を自分の問題としてとらえていきます。そうした課題に取り組む中で、疑問や考えを表現する練習を積んでいきます。さらに、図書館や情報室と連携して、さまざまなメディアから得た情報を取捨選択する「情報リテラシー」も、意識を高めていくように指導しています。

中学生は体験活動を中心にした学習を行います。学年が進むにつれて、「語彙・読解力検定試験」に基づく教科横断的な学び、クリティカル・シンキングを意識した学びを行い、論理的思考力と表現力を鍛えて校内・校外での発表に取り組んでいます。

前期では、各学年の課題に取り組み、その成果は9月のヨゼフ祭で発表されます。後期は、中学1年生は他者との関わり、中学2年生は自然・異文化理解、中学3年生は日本文化・職業理解などを主なテーマに学習活動を行います。高校1・2年生では、教科の課題学習・課題研究で培った力を発揮し、自らのテーマで探究した個人の成果もまとめます。

高校では、自分の中に湧き出す問いの中から課題を設定し、調査・研究・作業を経て、論文やレポート、作品等にまとめあげ発表します。また、「世界中の人々と意見を交換すること」、「平和と人びとの幸福のために自分ができることはじめる」の2点を、大きな目標として取り組んでいきます。

各教科の取り組み一覧へ


  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP